指導者研修会
白岡市体育協会 主催
 3月5日(日) 9:50~11:30 白岡市勤労者体育センター

順天堂大学スポーツ健康科学部 特任教授
濱野 光次 先生
「私のバレーボール人生を通して

 順天堂大学バレーボール指導者として、全日本大学リーグ優勝
 順天堂大学で研究中の体力トレーニング
 講演及び実技指導

 ※運動のできる服装 体育館シューズ で、ご参加ください

申込方法:
 チーム団体で取りまとめ、参加者の氏名・性別を
 2月23日(木)までにメールください

 
スポンサーサイト
親のための10の心得 ノルウェーサッカー協会
 1.試合や練習を見に行ってあげましょう。
   子供はそれを望んでいます
 2.試合ではすべての子供を応援してあげましょう。
   自分の子供だけではいけません
 3.調子の良いときだけではなく、調子の悪いときも勇気つけてあげましょう。
   批判してはいけません。
 4.チームリーダーを尊重してあげましょう。
   彼らの判断に圧力をかけないようにしましょう。
 5.レフリーはインストラクターとみなしましょう。
   レフリーの判定を批判してはいけません。
 6.子供が参加することを刺激し、勇気づけてあげましょう。
   プレッシャーにならないように。
 7.試合がエキサイティングだったか、楽しかったか、聞いてあげましょう。
   結果だけ聞くことのないように…。
 8.サッカーにふさわしい、節度ある用具を準備してあげてください。
   大げさになってはいけません。
 9.クラブの仕事を尊重してください。
   積極的に親のミーティングを持ち、どのような態度で臨むかを話し合いましょう。
10.忘れないでください。 サッカーをするのは、あなたの子供です。
   あなたではありません。


プレイヤーズファースト
プレイヤーズファースト
シニアリーグ後期第5節 日程
◆第5節 2月18日(土) 18時~21時 会場:鷲宮運動広場
★A面:18:30~ LIBRO vs RIO
  審判:オーステンキング ボールボーイ:ジュベニール
★B面:19:30~ ジュベニール vs SAWAT
  審判:オーステンキング 
※試合終了後フレンドリーマッチを皆様と行いますので、よろしく。


--- by シニア部長 坪井 ---

 
ディフェンスの指導
ディフェンス

「サッカーで習得すべき基本的な技術」
  =ドリブル、パス、ボールコントロール、そしてディフェンス

"ディフェンス=攻撃である。攻撃は相手のボールを奪った瞬間から始まる 。

"アグレッシブな守備"とは乱暴に体をぶつけることではなく、
 どの様に身体を使い、どのようにして相手からボールを奪うのかを教える。

2対1の場合:
 一人がボールに強くプレッシャーをかけ、相手がミスしたところで、二人目の選手が奪う。
 一人目の選手がボールを奪わなければいけないわけではない。
2対2の場合:
 一人目がボールに厳しいプレス、二人目がカバー。
 一人目は意図を伝え、二人目は周りを見てコーチング。二人の声が重要。
1対2など数的不利の場合:
 躊躇なくボール保持者にプレッシャーをかけに行く。
 ボールを取りに行くのではなく、相手の攻撃を遅らせること。
 味方が戻って守備に参加する時間を作るため。

「ボールを奪うための4つの段階」
1.「相手に近づく」 敵がボールをトラップした瞬間、すぐにボールにアプローチ。
2.ボールを持った選手に対してプレッシャーをかける。
3.相手にアタック。「チャレンジ&カバー」ではなく、「チャレンジ&チャレンジ」
4.奪ったボールを保持すること
 ボールを奪った瞬間に攻撃開始。
 ボールを奪って終わりではなく、次につなげる、キープするところまでをセット。


↓ 詳しくは下をクリック!
COACH UNITED ACADEMY 講習会
 ジュニア世代で指導すべき「ボールを奪う為の4つの手順」
 引かずに「奪いに行く」実戦的ディフェンストレーニング
ドイツサッカー協会 インストラクター クラウス・ハブスト 氏

より要約


Copyright © 白岡市サッカー協会. all rights reserved.