春季大会
いよいよ春の大会がスタートします。
春季大会は、協会登録チームだけの大会です。
本芝グランドで戦いたいチームは、
4月5日(日)1:00〜 はぴすしらおかの”総会・抽選会”
で登録し、大会に参加しよう!

春季大会日程
※参加チームは、今からしっかりトレーニングを積んで、怪我なくサッカーを楽しもう!
※日程の誤りがありましたので、訂正しました。 ご指摘ありがとうございました。
スポンサーサイト
中学卒業記念サッカー大会 2
在校生エキシビションマッチを大幅に追加!
卒業記念大会2
※学校対抗です! 地域の皆さんの応援よろしく!
ドリブルはかかと着地!
ドリブルの練習って、コーンドリブル・ラダートレーニングなどが思い浮かびますが、どちらもつま先着地のボールコントローが重視されています。
改めてメッシのドリブル教室を見てみましょう。

意外にも、かかと着地が多いのです。
特にボールをコントロールする時、立足をかかと着地で大きく踏み込み、膝と関節を大きく曲げて、ボディバランスをしっかり確保し、逆足で微妙にボールをコントロールしています。


試合では、敵の直接・関節のプレッシャーの中でのボールをコントロールするわけですから、ボディバランスの確保が最も大切なわけです。
つま先着地のドリブラーは、プレッシャーの少ない場面では華麗ですが、厳しいプレッシャーの中では、通用しません。
またつま先着地は、ふくらはぎが酷使され、試合後半の足攣りの原因でもあります。

サッカーでは、かかと着地の細かいステップワークがもっと重視されるべきです。
Copyright © 白岡市サッカー協会. all rights reserved.