少年団の保護者審判
Q)
息子が少年サッカー習っています。
少年団の指導者からの依頼で、4級審判の資格を取得しました。
他の方も含め保護者審判はサッカー未経験で、練習試合などで審判をしますと、
審判取得に手を上げなかったサッカー経験のある保護者などに、
”どこみてんだよ~~””しっかり旗上げろよ~~”などと、怒鳴られました。
黙って下を剥いて手を上げなければ良かったと、少し悔いています。
他の団では保護者は全員取る所もあるみたいですが・・・・・。

A)
息子さんの小中時代のサッカーなんて、あっという間に過ぎ去ってしまいます。
その間、指導者・審判員・役員などでチームに参加できた人は、ラッキーです。
短い間の、自分の参加した、お子さんと一緒のすばらしい思い出を手に入れられるからです。
もし、お子さんがやめられても、審判員を続けられれば、きっとサッカーの本当の面白さを発見する事が出来るでしょう!

少年団はお稽古事ではありません。地域活動なのです。
参加してこそ楽しいのであり、何もしないで引っ込んでいたら、中身の薄~~~い人生になるでしょう。
お子さんと一緒の楽しい小学生サッカーを、お子さんの・チームのサポーターとして、目一杯楽しんでください。

指導者は大変です。サッカーの楽しさを一人でも多くの子供達に伝えたいと、自分の土日返上でボランティアで頑張っています。
試合に出たければ、帯同審判員4名が絶対必要なんです・・・

蛇足ですが、指導者はこんな事を考えて指導しています。
http://seigafc.blog97.fc2.com/blog-category-64.html
-- Yahoo 知恵袋より抜粋・編集 --

御参考:小学生サッカーの指導
スポンサーサイト

コメント

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 白岡市サッカー協会. all rights reserved.