FC2ブログ
サッカーの指導中に『怒鳴る』必要はあるのか?
『怒鳴る』必要はあるのか?
               ↑詳細は画像クリック
日本のスポーツ指導の現場からなくなることがない体罰などの問題。
こういった行為は時折、指導の一環として捉えられることがある。
しかし、それらは立派な暴力行為であり、未来ある子どもたちを指導する現場ではまったくもって不必要なものである。
しかし、昨今ではそういった“厳しい指導”を肯定する意見すら聞こえてくる。
実際に体罰などを受けて育ってきた世代が大人になり、「あの厳しい経験があったから」と過去を美化することでそのような現象が起こっていると推測されるが、この流れはいつか絶たなくてはならない。
今回は体罰とは話が変わるが
「サッカーの指導中に『怒鳴る』必要があるのか?」という記事をおよそ5年前に発売したジュニサカから紹介する。


文●永田淳 写真●ジュニサカ編集部
ジュニアサッカーを応援しよう!VOL.26』より転載
ジュニアサッカーを応援しよう!

※C・D級指導員講習会で、
この部分を本当にしっかり教えているのだろうか?


 
スポンサーサイト

コメント

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 白岡市サッカー協会. all rights reserved.